不動産投資をサポートしてくれるプロってどんな人?

不動産業界についてもわかりやすく触れていきます

言葉の意味と、その内容

将来の年金への不安が少なからずある中、収入を得る方法のひとつとして不動産投資を検討する人もいるのではないでしょうか。
長い人生、自分のセカンドライフを楽しみたいと考えた時、定年退職をした後、預貯金や年金だけでの生活では不安も残ります。
また、定職に就いてキャリアを重ね年収は上がってきたとしても、将来も同じように稼いでいけるのかと思った時に、安定した収入があった方が良いと思う人も多いです。
少子化や長寿の伴った高齢化、年金不安や格差社会が、将来を見据えた人達に資産運用の必要性を考えさせているのです。

その資産運用の方法のひとつが『不動産投資』です。
言葉としてはとっつきにくいイメージがありますが、最初の手順をしっかりと踏めば、個人年金や保険の代わりとして役立ってきます。
また、管理業務を委託できる代行業者を利用すれば、管理業務を軽減しながら家賃という不労所得が見込む事ができるのです。

普段の生活ではなかなか馴染みのない『不動産投資』という言葉。
でも、意外と生活していく中で無関係であることは少なくありません。
ひとり暮らしを始める為に借りた物件、個人経営の為に借りた店舗。
そこへ支払う家賃が、不動産投資をしている人の収入になっています。

元々の地主や富裕層、貯蓄に余裕がある人だけが始める事ができるのではありません。
少しでも興味や関心を持った時、正しい知識を持って、堅実な資産運用が出来るようにしていきたいですね。

TOPへ戻る