不動産業界についてもわかりやすく触れていきます

>

不動産投資へ挑戦する人

資産運用の方法としてのひとつ

『不動産投資』とは、マンションやアパートなどの不動産を購入し、そこから二通りの方法のどちらかで収入を得る投資方法です。
その二通りの方法というのは、
・購入した不動産を賃貸物件として提供し、家賃収入を得る方法
・不動産その物を売り払い、収入とする方法
の二通りです。
不動産の売買は市場の見極めや物件の選別など、専門家でも難しい所が目立ちます。
ですから、不動産を購入し家賃収入を得ていく方が安定していると言えます。
まず得なければならない物が建物という大きな物ですから、始めるにあたって高額な資金が必要というイメージもあるかもしれません。
確かに、中古のワンルームマンションでも数百万からの値がついていることがほとんどです。
ですが、不動産投資の場合は投資用ローンの活用ができます。
計画的にローンを組めば十分に価値のある商品として、長期的にみても良い資産運用ができると言えます。

不動産投資のメリット

不動産投資にあたってのメリットとして大きな点を3つあげていきます。

・不労所得を得られる
不労所得、つまり働かなくても収入を得ることが出来るようになります。
部屋を借りる場合は年単位で部屋を借りる場合が多く、家賃も大きく下がる事は少ないので、安定した収入になります。
・私的年金の代わりになる
定年後には家賃収入が私的年金として活用することができます。
公的年金を補い、定職での固定給に代わる収入源になっていきます。
・生命保険の代わりになる
不動産の購入にはローンを組む事が出来ますが、その際には団体信用生命保険への加入が義務付けられています。
もし万が一の事があり返済が難しくなっても、残債は保険から支払われる事になります。
ローンのない状態で不動産を遺族に遺すことが出来、相続することができるのです。

空室や建物の老朽化といったデメリットを無くしながら、これらのメリットをうまく活かして収入を計っていきます。


TOPへ戻る